藤枝市の話題や最新情報

三好義継とは 戦國大名三好氏名君三好長慶没た後三好義継宗

三好政権というのは三好長慶の才覚だけで成り立っていたものではありません。戦國大名三好氏名君三好長慶没た後、三好義継宗家の当主据えた辺り三好三人衆VS三好義継?松永久秀ライン分かれてドロ沼内部抗争走って行ったの故でょうか 松永久秀と三好三人衆の対立。松永久秀は三好長慶に仕え室町幕府の要職や大和国を治めるまでに出世しました
。ところが長慶の死後。三好三人衆と対立。織田信長と協力して足利義昭の上洛
に尽力します。信長が上洛するまでの間。反義昭勢力を引きつけ三好義継はなぜ自ら死を選んだのか―「天下人」継承者たちの戦い。武田信玄は最強の戦国大名として名高く。朝倉義景は元亀の争乱の火蓋を切った
反信長大名で。浅井長政は織田信長なぜそう考えられるのか。三好義継が象徴
する三好本宗家滅亡の事態とは何だったのか語って行く。三好長慶は主君細川
晴元への下剋上の過程で将軍足利義輝とも戦い。晴元と義輝を京都から追い払っ
た。一発逆転を狙い三好三人衆から離れて松永久秀と結んだ三好義継は織田
信長を畿内に引き入れたことで自身が主宰者たるべき政権を失った。

「三好義継」三好長慶の跡を継いだ三好氏最後の当主。三好義継の肖像画 三好義継は。三好長慶の弟?十河一存そごうかずまさの子
でしたが。長慶の猶子となって三好宗家の後継者になった人物です。のちに織田
三好三人衆から離れ。松永久秀とともに信長に協力; 信長と義昭が不和に三好義継の解説。三好三人衆も壊滅し。三好義継の死により。近畿などで強大な勢力を誇った。
戦国大名としての三好家は滅亡しました。 松永久秀は織田家に降伏しましたが。
のち。再び信貴山城にて。謀反を起こします。 →三好三好義継とは。長慶の死後,家督を継いだが,家宰松永久秀の勢力が強く,永禄 年久秀
にすすめられて将軍足利義輝を二条城同 年三好三人衆と抗争し,織田信長
の入京後はこれに従ったが,天正 年将軍足利義昭に応じて信長にそむき,
信長伯父三好長慶ながよしの養子となり,永禄えいろく年家督をつぐ
。翌年月長慶没するや遺臣らは喪を秘して義継を領国カ国の当主としたが,
養父の器量におよばず,三人衆と松永久秀が後見した。ここに三好宗家は滅亡
した。

戦國大名三好氏名君三好長慶没た後三好義継宗家の当主据えた辺り三好三人衆VS三好義継?松永久秀ライン分かれてドロ沼内部抗争走って行ったの故でょうかの画像。

三好政権というのは三好長慶の才覚だけで成り立っていたものではありません。弟の三好実休、十河一存、安宅康といった兄弟などによって支えられており、実務者レベルで松永弾正や三人衆がいました。特に十河一存の死は影響が大きく、一族の要だったことが影響しています。例えるならば十河は秀吉政権を支えていた秀長に相当する人物です。一族の束ねが死ぬと長慶の求心力も一気に衰え、実務者たちが恣意的にバラバラの動きを始めます。たとえば、三好の家督をついだ十河一存の子である三好義継は三人衆に就いたかと思うと松永弾正に乗り換えたりして節操がないことらもわかるかと思います。あの食わせ物の細川晴元を黙らせるには、相当な結束力が必要ということでしょう。■時系列で並べてみます三好長慶の没後、甥の義継が18歳くらいで当主になりました。 義継と三好三人衆は足利義輝13将軍を滅ぼしました。 三人衆は阿波の足利義栄を担いで左馬頭次期将軍の官位につけた。 三人衆は義栄をちやほやし、主君の義継を軽視するようになった。 怒った義継は三人衆と決別、松永久秀を頼ることにしました。 当時の松永久秀は三人衆から排斥され孤立無援でした。 久秀の味方は、畠山高政と紀州の根来衆くらいでした。 排斥された理由には多くの説があります 久秀は義継を主君とあおいで忠節を尽くしました。 一方、足利義昭義栄のいとこも14代将軍を目指しました。 久秀は義昭を担いで上洛を目指す織田信長と連絡を取り合っていました。■こんな構図になります足利義栄には三好三人衆 vs 足利義昭には信長&久秀連合■私なりの回答です単なる内部抗争でなく、次期将軍レースで双方が争ったと思います。先代長慶の重臣達が、御家の行く先を考えるのは当然のことであると思います。私個人は三好長逸一族の重鎮と松永久秀家宰の権力闘争に原因があると考えます長慶生前から対立の目は在ったと見ています。久秀は家宰であるから、お金の管理を当然やる訳です。一方、十河一存は軍事部門のトップですから、少しでも兵力を増やしたい、鉄砲も沢山欲しいという面があろうかと思います。そこを当主の長慶が久秀の言い分が通る様に家中を統制していたのだと思います。長慶は清濁併せ呑むタイプですから久秀の蓄財には目を瞑っていたが、一存は猛将で知られる一本木なタイプで久秀を嫌っていたと思うのです豊臣秀長の知られざる面が蓄財に熱心だった点、秀吉は目を瞑っていたらしい。長慶の後継は嫡男?義興が死んだら誰が成るべきか?一番目は知勇兼備の弟?義賢実休だと思いますが討ち死にしています彼なら長慶の替わりが務まるかと。義賢の子?十河存保であれば、まだ三好三人衆と久秀のバランスが摂れたと思いますが、継いだのは一存の子?義継だった訳です。前述の関係から三好三人衆側に義継が付くのは当然だと思うのです恐らく義継を当主に据えたのは長逸であろう。将軍?義輝を暗殺したモノの自体の収拾が出来ず、政治?知謀に優れる久秀を頼ったという所だと思います長慶ならば義輝がどの様な動きをしようと、実力部隊がない将軍は上手くあしらったでしょう。信長死後の織田政権と似たような状態、と考えれば、良いのではないでしょうか。強いリーダーシップを発揮していた当主が亡くなり、その後継者に人望が無いと、一門や家臣の意見対立が、顕在化してしまい、組織の求心力が急速に衰える、という事です。三好長慶の場合も、人望のあった、嫡子の義興が急病死してしまい、甥の義継が養子となりますが、当時、長慶には甥が6名いて、それぞれが養子候補でした。その際の養子決定を巡る対立が、その後の渦中の分裂に、繋がったものと考えられます。

コメントを残す

Your email address will not be published.