藤枝市の話題や最新情報

入会について 創価学会員~以上で以下

私が知っている>「~それ以上でもそれ以下でもない。創価学会員「~以上で以下
でない 」いう言葉よく話
用いて口出ます、意味理解
てるんか 検索ないで回答てみなよ 創価学会が元学会員に「嫌がらせ訴訟」の理由。などを通じて学会への不満を書き込む学会員や元学会員たちが後を絶たない
が。聖教新聞の写真や記事を無断で使用するケースに対して。学会側が重大な
権利の侵害だとする事例が頻発しているという。中には訴えられる創価学会に一度入ると抜けられない理由。人数にすると約万人であり。日本人のおよそ%が学会員ということになる
。統監カードは。創価学会の組織における住民票のようなもので。それは支部
のなかにある「統監部」で管理される。カードに記されるのは。以下のような
内容である。壮年部は。基本的に歳以上の男性が所属する。

創価。創価学会系企業だと言われる企業が本当にそうか調べてみた 婦人部ふじんぶ
– 基本は既婚者または歳以上歳未満の独身女性が所属。 月日。日 新年
勤行会? 一部の会館はの指定避難所となっている。 月日 – 創価文化センターで入会について。創価学会に入会を希望される方は。以下の「3項目の実践」を通じて。日蓮大
聖人の仏法。そして創価学会の活動に対し以上の書類上の手続きを経て。紹介
者の所属する地域組織に会員登録され。創価学会の会館施設で実施されている
入会札幌市における創価学会員の現状。本稿は,札幌市在住の創価学会員を対象とした調以下では この点を検討
してみたい。 信仰継承率については次章で検討するとして,こ こでは,一世
信者がどのような年代に,男女青年部は短大や4年制大学以上の学歴比率

宗教法人「創価学会」の運営等に関する質問主意書。最近の各種報道が示すように。国民は。宗教法人創価学会以下「学会」という
。の運営や。学会の池田名誉以上のような国民の疑惑は。学会及び公党たる
公明党のためにも是非解明されなければならない問題である。 従つて次の諸点宗教団体創価学会の信仰を長年やってたらしい彼氏のことで。一歩引いてみれば異常そのものなのですが。洗脳されていると異常さに気が付き
ません。さらに。古川利明著『カルトとしての創価学会=池田大作』第
三書館 年月では。以下のように結論している。 「創価

私が知っている>「~それ以上でもそれ以下でもない!」は、第三者が「学会は『会長本仏論』だ」と批判したとき「会長は会員の代表であり、仏法指導者です。それ以上でもそれ以下でもありません」などと説明して対応していることです。会合などで、一種の「信心の勇み足」で池田名誉会長に“合掌”する学会員はいるかも知れませんが、止やめるように注意されると思います。まして「仏様」などと呼ぶことは厳禁でしょう。学会の指導はあくまでも「拝むのは御本尊のみ」「御本仏は大聖人のみ」であり、何よりも当の池田名誉会長ご本人がこのことを厳しく戒めておられます。これに関するエピソードが、北林芳典氏が書かれた「暁闇ぎょうあん」発行:報恩社、発売:平安出版に載っていますので、一部抜粋して紹介させて頂きます。参考にして頂けましたら幸いです。 「昭和46年4月、私は創価学会本部職員となった。新人職員の指導会が聖教新聞社の広間でおこなわれ、池田会長当時が出席された。このとき、池田会長の指導を聞きながら題目をあげている者がいた。私はその人物の4、5人横にいたが、まったく聞こえなかった。池田会長からも口が動いているのが見えた程度であっただろう。 『私の話を聞きながら題目をあげるんじゃない。拝むのはご本尊様だけだ』 池田会長は厳しく叱った。こののち、1名の者が御書の一節について指導を求めた。それは『法華行者逢難事』についてであった。 『竜樹?天親は共に千部の論師なり中略南無妙法蓮華経の五字と是をのこしたもう、中略今既に時来たれり四菩薩出現たまわんか日蓮此の事先ず之を知りぬ』 中略 質問者はこの御書を拝した後、池田会長に聞いた。 『現時、四菩薩は出現しているんでしょうか?』それについて池田会長は、 『この御書は、日蓮大聖人が御在世におかれて、御本仏としての御確信を述べられたものです。上行菩薩、すなわち日蓮大聖人御方が、そのまま今の時代に出現されているというふうには拝すべきではない。ただし、広宣流布の途上において、上行菩薩の働きをする人、その他の菩薩の働きをそれぞれする人たちがいる、ということは言えるだろう。また、一人ひとりの人間の働きにおいても、折々にふれ四菩薩の働きがある。そのような人たちが大勢集まり、戦い、広宣流布をしていくのです』 池田会長の話を聞きながら題目をあげていた者は、真剣に聞く思いで題目をあげていたのであろうが、池田会長は寸毫たりとも誤解を生じさせぬために、厳しい叱責をされたものだと思う。さらに『法華行者逢難事』についての指導は、日蓮大聖人再誕論を明確に破したものであった。この時、池田会長の指導を間近にした私は、その後宗門内でささやかれ始める『創価学会の本義は会長本仏論』という説には、まったく根拠がないと明言できる。後略」

コメントを残す

Your email address will not be published.