藤枝市の話題や最新情報

2020年12月11日 半導体関連の部品集積回路電子部品

部品によって違いますが、CPUですと、多いのは内蔵Flashメモリの内容保持ができなくなる保持時間の限界と、書き込み消去回数の限界があるホットキャリアといって、ゲート酸化膜に電化がたまって電流が減ってくる現象ゲート酸化膜破壊電流マイグレーション電流が流れ続けて配線が劣化静電破壊等大部分の故障モードは高温、高電圧で加速するので、低温にして電源をなるべく切るほうがよいです。ハイテク産業勤める方ご質問たい思

半導体関連の部品(集積回路、電子部品)30年ほどで寿命迎える聞きます
具体的劣化て使えなくなるのでょうか ら延命する手段ないのでょうか

ご回答よろくお願います 半導体製造機器に続く。デジタル関連財輸出国としての日本は。年は中国。米国に次ぐ位だったが
。ここ数年は~位が定位置だ。後退の主な要因は。日本の主力商品である
半導体や集積回路などの輸出の伸び悩みだ。半導体等電子部品類電子部品?半導体。ものづくりエンジニア向け情報サイト イプロスの 企業ランキング 電子部品?
半導体 です。電子制御部品。制御システム設計?製作。プログラミング
?主要メーカー。電子回路設計?製作。ハーネス加工機器 等東京
都/電子部品?半導体 //自動車関連でレーザー。メカニカルの加工技術。
検査関連技術をご提案出来ますのでお事業 。精密部品及び。金型製造販売
半導体を支えるリードフレームや金型で年間培った技術?技能を活かし。
半導体の領域に

。電子版。日刊工業新聞が紙面で提供している。およそ件の記事を毎日閲覧
することができます。/ 電機?電子部品?情報?通信センサーなど
のアナログ信号を処理するIC集積回路を安価に設計。生産する
プラットフォーム基盤を半導体関連企業と構築する。シリコンウエハーに
半導体領域や回路を形成するマスクの製作費などを大幅に抑え 続きを読む
インタビュー/東芝デバイス&ストレージ社長?佐藤裕之氏 半導体。構造改革
深堀り今更聞けない。私たちの身の回りにある色々な電子機器に必ずと言っていいほど存在している
身近な集積回路ですがそもそもどのようなその電子部品の各種繋がりを
。一枚の基板チップ上に実装したものを集積回路と呼びます。

5。半導体集積回路 とは。ひとつのシリコン基板の上に。
トランジスタ。抵抗。コンデンサなどの機能を持つ素子基板の上に。
トランジスタ。抵抗電気抵抗。コンデンサなどの機能を持つ素子を多数作り
。まとめた電子部品です。現在のは。最小寸法としてナノメートル
。-をきるほどの極小のものも使われています。は。鉱石ラジオと比べる
と。寸法で約万分の。面積で億分のというサイズに小型化。高集積化
されています。

部品によって違いますが、CPUですと、多いのは内蔵Flashメモリの内容保持ができなくなる保持時間の限界と、書き込み消去回数の限界があるホットキャリアといって、ゲート酸化膜に電化がたまって電流が減ってくる現象ゲート酸化膜破壊電流マイグレーション電流が流れ続けて配線が劣化静電破壊等大部分の故障モードは高温、高電圧で加速するので、低温にして電源をなるべく切るほうがよいです。メーカの設計寿命は10~15年くらい。考え得る使い方でこのくらいの時間では壊れないようにする。FITという単位があり、1000,000,000時間あたりの故障回数を表す。LSIだけに限れば、①半導体のチップの中の金線が切れる。アルミだと簡単に切れる。②半導体のダイ上のトランジスタの絶縁が通電を繰返すことで壊れて、ON固定になる。③上記②で、ON固定にはならず、隣接回路と短絡する。④正孔の拡散範囲が拡がって、スイッチング速度が変わってしまい、同期動作しなくなる。などなど。>これは具体的に何が劣化して使えなくなるのでしょうか?半導体の場合は、ワイヤーボンディングの接合箇所とかワイヤーだと聞いたことがあります。熱収縮で、回路が動作するたびに、ほんの少しだけ伸縮して、そのストレスが動作した回数分だけ蓄積されていくって感じです。>またそれらを延命する手段はないのでしょうか?なるべく小さな電流で動作するように設計すれば、そのようなストレスは少なからず軽減されます。劣化の原因は熱なんよ。そのエネルギーの累積が寿命を決める。これはマイグレーションのモデルで説明できると思う。だから省電力デバイスや稼働率の低い製品はしぶといんね。>30年ほどで寿命を迎えると聞きますがそうでもない、かなりの確率で半永久的。よく「コンデンサが~」と言われるが、コンデンサは化学反応を利用したデバイスなので劣化して当然。それ以外は、まず壊れない。もちろん、熱設計がいいかげんでダメージが重なり、ぶっ壊れるのはあるけど○○タイマーとか。うちの40年もののポケコン死語もまだまだ現役。スイッチ、コネクタなどの機械部品は寿命を繰返回数で表示。電解コンデンサは温度との関係が明確で計算では10年は難しい。他は10年に耐えるよう想定し試験されるが、それを超えてどうかははっきりしない。プリント基板に組付ける半田の劣化。それ以外の社会的寿命が大きいでしょう。10年過ぎると部品製造が打切られ入手困難。代替品を考慮されることはあるが、何代も続くことはない。企業が存続するかの問題、技術者の代替わりで回路図を紛失し、ソフトも手入れ不能。国産パソコンPC98シリーズがそのような問題を抱えるが、何とか延命しようと専門の会社があるなど方策が尽きたとは言えないが、続けるか否かはコスト判断。数量の小さい機器はその困難さが増します。

コメントを残す

Your email address will not be published.